効率的な飲み方

drugs with S sign

バルトレックスやバルシビルが本来持っている高い効果を発揮させるために、効果的な飲み方を紹介します。大切なのはとにかく早めの段階で服用すること。ウイルスが増殖してしまってからでは薬は効果を発揮できません。

再発を防止するには

many type vial drugs

性器ヘルペスの再発防止を心がけるなら、まずは規則正しい生活をして、セックスの際にはコンドームを装着することから始めましょう。それでもダメなら、バルトレックスやバルシビルを日常的に服用してみて下さい。

激しい痛みを伴う

many color with drugs

ヘルペスの症状や種類を確認する

性器ヘルペスは感染力が強く、非常に怖い感染症です。
ヘルペスウイルスが原因で痛みやかゆみを伴う水ぶくれが多数できる症状を「ヘルペス」と言い、
唇の周りにできれば口唇ヘルペス、性器周辺にできれば性器ヘルペスと呼ばれます。

女性が性器ヘルペスを発症すると、性器の周辺に水ぶくれができ、激しい痛みを伴うので、
排尿もまともにできなくなるとも言われています。
人によっては発熱する場合も。
性器周辺に水ぶくれができるだけでなく、太ももの付け根にあるリンパ節が腫れて痛み出します。
感染が広がってしまうと子宮頚管や膀胱にまで症状が広がってしまうことも。
男性が性器ヘルペスに感染すると、まず性器の表面にピリピリとした痛みや違和感を感じるようになります。
その後、日が経つにつれて症状は悪化し、10日もすれば小さな赤いできものや水ぶくれが目立ってきます。
女性同様太ももの付け根のリンパ節が腫れ、激しい痛みを伴います。

基本的にヘルペスウイルスに感染している患部に接触すると感染します。
つまり、すでに性器ヘルペスを発症している人とセックスをするとそれだけで自分も感染します。
性器ヘルペスでなくても、口唇ヘルペスに感染している人にオーラルセックスをされた場合、
性器にヘルペスウイルスが付着し、感染してしまうんです。
性器ヘルペスの恐ろしいところは、男性でも女性でも初めて性器ヘルペスを発症してから1年以内に約8割の人が再発してしまうということ。
一度感染しているので免疫ができ、症状としては再発時の方が軽いですが、
やはり痛みや違和感を伴い、感染力も強いので、早めに治療し、再発を防止することが大切です。
バルトレックスやバルシビルを早い段階で服用しておけば、ヘルペスウイルスの増殖を防げますし、
毎日服用していくことで再発防止にもなります。

ヘルペスの治療について調べる

通販でバルシビルを購入

drugs was printed name

ヘルペスウイルスが増殖してしまってから薬を服用しても効果はありません。そのため、通販でバルトレックスやバルシビルを買い置きしておくことで違和感を感じたらすぐに治療に移ることができます。バルシビルはリーズナブルなので特におすすめです。