効率的な飲み方

drugs with S sign

バルトレックスやバルシビルは性器ヘルペスに高い効果を発揮してくれますが、
より効果的な飲み方をすることで早く治療できます。
性器ヘルペスに感染した場合は、バルトレックス、もしくはバルシビルの500mgを1日2回服用するのがより効果的です。
飲むタイミングはいつでも大丈夫ですが、もともと胃が弱いという人は胃荒れを防ぐためにも食後の服用をおすすめします。
バルトレックスやバルシビルを効果的に服用する最大のポイントは、「早く飲む」ということ。
性器ヘルペスは、まず性器周辺に違和感やピリピリとした痛みを感じます。
半日もすればリンパ節などが腫れ、痛みも強くなります。
最終的に水ぶくれができ、水ぶくれが破れてから回復へ向かうというのが大まかな流れです。
リンパ節が腫れることで発熱してしまう場合もありますし、水ぶくれが破れることで激しい痛みを感じることもあります。
バルトレックスやバルシビルを服用するタイミングとしては性器周辺に痛みや違和感があった時です。
このタイミングで服用することでヘルペスウイルスの増殖を抑えられるので、症状も早く改善しますが、
ウイルスが増殖した後だと、せっかく服用しても効果が出ないこともあるんです。
目安としては違和感があってから6時間以内、遅くとも24時間以内には服用したいところです。
しかし、なかなか病院に行く時間がなく、ついタイミングを逃し、治癒が遅れてしまうという人もいるでしょう。
そんな時のためにバルトレックスやバルシビルを買い置きしておきましょう。
バルトレックスやバルシビルは通販で簡単に購入できます。